働く女性を応援!関西の社労士・FP@中村真里子

記事一覧(441)

確定拠出年金(iDeCo)の使い方

個人型確定拠出年金(iDeCo)が必ずしも最適ではない人②

50代の専業主婦の方はつみたてNISAの選択肢もありますよということを前回はお伝えしました。他にも必ずしもiDeCoが最適ではない方として20代で独身の方を挙げたいと思います。老後資金をつくるにあたっては当然、時間がある方が有利です。20代の方と50代の方が同じだけの老後資金をつくろうと思えば、50代の方は20代の方の何倍もの積立金額が必要です。しかし、問題は、iDeCoが60歳までは自由にならないお金だということです。20代の方はまだ、老後資金よりもいろんなイベントがあります。結婚資金、結婚して子どもができれば子どもの教育費、住宅資金、転職するかもしれないなど‥。まずはそれらの事柄にお金を振り分けることが重要です。それらを優先してその後にiDeCoと考えることはできます。iDeCoは月5000円の掛金からできますので5000円からでも始めればよいとは思います。ただ、iDeCoは加入時に2777円の手数料がかかりますし、プラス毎月最低167円の手数料がかかります。少ない掛金だとそういうコストが気になります。20代の方だと、給料もそんなに高くない方も多いでしょうから、掛金の所得控除もあまり魅力的だとは思えないということもあります。これらも加味して冷静に考えられることをおススメします。

個人型確定拠出年金(iDeCo)が必ずしも最適ではない人

元を取る意識

私はこれまで様々なセミナーに参加してきました。内容も多岐に亘ります。仕事に関する内容のセミナーはもちろん、集客や文章のセミナーやブログのセミナーなども。開業前後は手当たり次第、縁があるセミナーにはできるだけ参加してみました。当時は参加することに意義があるという感じだったのですが、ここ最近はそうではなくて、やっぱりきちんと学ぶ意識がないと身に付かないなあと当たり前のことを感じています。費用に関して言えば、そこそこの値段のものもあれば、無料のものもあります。無料のものはよくないとか聞きますが、個人的にはそれも疑問に思っています。値段がそこそこのものでもイマイチと感じるセミナーもありました。これも自分の意識次第なのではないかな?と。ただ、スポンサーがあるので無料というものは気をつけないといけません。個人情報を提供するのは仕方ないと割り切り、営業を掛けられても必要ないのであれば断固断る覚悟が必要です。あとは、レベルの問題もあります。想像していた内容と違う、ちょっと簡単すぎたというのもたまにあります。難しすぎても困るんですけどね。どんなセミナーでも自分が学ぶ意識がないと何も身に付きません。参加費の元を取ることはもちろんなんですが、無料のセミナーだとしても、時間を使って参加しているわけです。勿体ないですよね。セミナーで得た知識はできるだけアウトプットしていきたいと思っています。

変な夢を見ました

父が認知症のため、銀行からお金を引き出せなくなりました。暗証番号を何度も間違えキャッシュカードにロックがかかるということが2度あり、私が一緒に窓口まで行って解除してもらいました。そんなこともあり、私がカードを預かることにしました。しかし、父も母もそもそも自分たちが認知症だとは思っていないので、私がカードを預かっていることが不満で、思い出したようにカードを返してくれと言います。その度に私は胃がギュッと締め付けられイヤーな気分になります。さて、夢の話です。キャッシュカードで引き出す場合は顔認証が必要になり、私は父のカードで引き出せなくなり、はあ、どうしよう‥と悩んでいる夢を見ました。例えばカードが取られたり、不正利用されているのなら顔認証が実現すれば犯罪を防ぐことになり、それはありがたいことなのですが、私の立場から言えばそれは困るのです。AIやIoTなどの技術革新に期待するところは大きいです。特に個人的には”自動運転”が早く実現してくれればよいなと思っています(タクシー業界からはかなり反発があるようですが)。しかし、すべての技術革新がほんとに役に立つのかというのはどうなんでしょうかね?AIの発達によって、数年後には消える職業というのも話題になっています。しかし、これもなんでもAIで賄えるのか?というと違う気もするのですが‥。変な夢を見たせいで、寝坊してしまいました。

クリアになったらスッキリした

数年前は本当にテキトーに家計を回していました。会社員だったので、普通にお給料ももらえましたし。だから、買いたいものもほとんど買えたし、外食もしょっちゅう。しかし、会社員ではなくなり、がんという病気になり、そこで初めて「お金がない」ということに気づき愕然とします。そこから家計簿を真剣に付けはじめ、銀行口座、証券口座、クレジットカードの整理。必要のない保険の解約、そして本当に必要な保険に入り直し、家計に真剣に向き合うことに。しばらくは買いたいものも我慢し、本来は買物好きなんですが、がんの治療費のこともあって、家計は火の車状態。そこから家計簿はずっと続いていて、今ではお金の流れもつかめたので、買物もまたできるようになってきました。ただ、昔のようにむちゃくちゃな買物をすることはなくなりました。最近も洋服やカバンを買ったりしたのですが、ポイントをうまく使ったりして、自分にとっていい買物ができたと自負しています。昔は家計がぐちゃぐちゃだったので、今、これを買ったらカードでいつ落ちるのか、その月は大丈夫なのか‥など不安でした。今も決して収入がすごく増えたわけではないのですが、家計がクリアになったことで、計画的に買物すれば大丈夫という自信が持てるようになってきました。家計の状況がよくわからないという方は個別相談(対面・メール)でご相談下さいね。

こういうことも株価に結び付く?